2010年 01月 22日 ( 1 )

ザジ

横浜黄金町のジャック&ベティにて
地下鉄のザジニュープリント版を
見てきました。
杉浦茂の漫画に出てきそうな
これでもかというベタなギャグが溢れ面白かったです。
例えば、カーチェイスしながら
爆弾(漫画に出てきそうなまんまるの)をポイッと投げたり。
登場人物がみなアク強く
台詞が素晴らしく意味深でトゲトゲしく(良い意味で)
人間臭さがラテンの国と思いました。
後半の転調はドイツ批判なのかな?
とにかく何とも不思議で
痛快で楽しい映画でした。原作を読んでみたいです。

50年代のパリの街、多分
今もあまり変わってないのかもだけど
全体に古びて朽ちた感じがすごく綺麗だと思いました。
あと、出てくる人のファッション、ぜーんぶ可愛い!!

ジャック&ベティ
黄金町というチトDEEPな横浜にある名画座です。
マイク濱で有名になった日劇のすぐ近く。
日劇跡は空き地のままで
うらさびれてました…まぁ、そのうらさびれ感もまた
横浜らしいと私は思いました。
モダンさと古さ、
明るさと、その裏にちょこっとありそうな悲しさが
共存しているところが
横浜の良さかなと思うので。
そのあたり、ちょっとパリに通じたりして?(勝手な解釈)

映画館の近くにある
創業60年のカメヤさんというパン屋さんに
初めて入ったのですが
おじいさんとご家族でやってる
小さい普通のパン屋さん、だけど
すごくおいしかった!
おすすめは
アーモンドプリュッツェル。
アーモンドクリームのかかったパイ生地パンに
スライスアーモンドがたっぷり011.gif
映画を見ながら音をたてないようにムシャムシャ。
上映後、明るくなったら
膝がアーモンドだらけでした003.gif
牛乳とパンとレディースディ料金の映画で1500円で
至福の時間を味わえました。
宝物の時間の過ごし方を見つけたかも?

外にでて駅に向かう途中の橋からの眺め…
b0102193_14552256.jpg


このうらさびれ感と生活臭になぜかパリを感じました。ひいき目かな?
[PR]
by majapyon | 2010-01-22 14:56 | 日々の泡沫