急いで!

先月、世田谷美術館でグループ展を行った際に
同館内で行われていた収蔵品展を見てきました。
こちらがすごく良かった!!
なのでぜひ見にいっていただきたいです。

アウトサイダー・アートの作家たち

第2期収蔵品展 〈特別同時展示〉大地の歌を描く人々〜ベルギー・クレアムの画家たち

b0102193_0315934.jpg



b0102193_143023.jpg

b0102193_144858.jpg


どの作品もおおらかだったり、緻密だったり、偏執的だったり、ぬけてたり。
とにかくパワーを感じました。

アウトサイダー・アートは、
「アール・ブリュット」ともいわれます(逆か?)
知らなかったのですが
これは
「生の芸術」という意味を持ち、
フランスの画家ジャン・デュビュッフェが名付けたのだそうです。
生の芸術!いい響きですね。
もう【障害者】アートなんてタテ割りなくくりは必要ないでしょう
(タテ割り反対連盟=タ反連所属=嘘)。
もともと障害ってどこまでが範囲なのでしょう?
多くの人が出来ることが出来ない…と、いうことだと
私も充分含まれてます

アウトサイダー・アートの定義は
『障害者や正規の美術教育を受けていない一般人が、独自に作り上げた美術表現』
わたしも含まれますね。どうりで惹かれるはずです001.gif
独自ってほどまだ作りあげてませんけど042.gif

今回は所蔵品の他にベルギーで長年の間、障害をもつアーティストの活動支援を行っている「クレアム」の作品も含め、全140点余の見応えあるコレクション、
なんと、200円(企画展を見た人は無料)で見られます。
かなり得した気分でした。
ちょっと残念だったのは、図録が無かったこと。
すごく良い絵がいっぱいあったのでちょっと残念〜
002.gif
かわりにこの本を買いました。
今回展示されていた作品もいくつか載っていました。

私のお気に入りは
【ピラミッドの下にいるひと】 タイトルが秀逸!でしょ?

一番、インスピレーションを感じたのは
イタリアのカルロ・ツィネリ(1916-1974)
b0102193_1512.jpg

複数品展示されてましたが、どれも音楽を感じました。
色も良い感じ、それに言葉(的なもの?)が絵に書込まれているのも
ヒントをもらいました。私も文字を書込むの好きなので。
うん、どんどんやってみよう。

11月30日までと本当にギリギリのおススメになってしまいましたが
ぜひ秋の紅葉みがてら行ってみてください。016.gif
[PR]
by majapyon | 2008-11-23 00:54
<< ポッ、日本人である喜び 作品を届けてきました >>