人気ブログランキング |

感動するもの

b0102193_19583571.gif


美しいもの、素敵なもの、面白いものは、
いつ出会っても、何度出会っても
心躍り、全身すっきりさわやかりんになって
明日の明後日のまでぶっ飛んでいけそうな気分満タン。
それにしても
いつでも感心してしまうのは、コレ

マギーブイヨン

私は、煮た野菜が大好きで、でも手がかかる
フンダラなんとか風とかの料理はできなくて、
そしてちょいと何もかもリフレッシュしたい
(主に冷蔵庫の中身)
デトックスモード(おっ、流行り言葉)な時に必ずお鍋にかけるのは、
キャベツのコンソメ煮。
ざっくりキャベツを鍋にいれられるだけいれて
にんじんも適当に短冊に切って
ローリエ1枚と塩・こしょう、あれば白ワイン。
そしてマギー・ブイヨン。
水は少な目でふたをして適当に火にかける。
ベーコンやソーセージをいれると豪華だけど
野菜だけのあっさりも好き。

何が感動するって
パッケージのことなんだけど
四角四面の一面だけ印刷が無くて
そこから開くとするっとむける。
他の印刷があるところから開こうとすると
なんだか結構大変なことになる。

毎度毎度、この包みを開くときに
すっげ〜!これ発明した人、すっげ〜!と
感動してしまう。
なんてったって、この無駄のなさと実用度とデザイン具合との
かねあい、からみあい、
いやぁ、すごいなぁ、ウルトラCですよ。

それですっかり幸せになる。

できたての熱々のうちに
パルミジャーノをピーラーで
厚めにスライスしたのをいれてグルグルすると
フワフワ・モチモチ、
不思議な食感になっておいしい。
ついでに冷やご飯も一緒にいれれば
お皿、1枚で洗い物も簡単ラクチン。
なので今夜は
杉浦茂マンガ館をゆっくり読む時間ができた。
by majapyon | 2006-09-08 19:58 | 日々の泡沫
<< おすすめ情報 刺繍の絵本を買いました >>