<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お疲れチェック

b0102193_21275531.jpg


雪が降ったので
避難中のサボたち

飼い主は、ややお疲れ気味を押して
来週から参加する作品展用に
世界堂に走る066.gif気合いだ〜!
……っも、出だし遅く、
当日受け渡しに30分間に合わず。トホホホ。
明日来れば良かった〜007.gifって
世界堂で叫んでもムダムダ。
まぁ、だいたい、こんなもんさ。

帰りにモロゾフのプリンを買って
明日への英気を養う071.gifやっぱ、おいし〜わ。

自分のお疲れ具合をチェックする時、
ギャグをひとつ考えてみる。

「疲労こんぱいせぐんど」

しか、思いつかないときは重症。
とっとと、布団にもぐるに限る。
おやすみなさいませ。

……サボテンの植え替え時期って何月だろう……zzZZZ
[PR]
by majapyon | 2009-02-28 21:41 | 日々の泡沫 | Comments(0)

at cafe 続きの続き

b0102193_2252874.jpg


今日は雪でしたね!
明日で2月も終わり。怒濤の一週間でした。
また週明けから忙しくなりそうなので
土日は少し落ち着いて
鼻風邪を治しながら
来週の準備です。
いろいろ溜め込んだ宿題があるなぁ039.gifどれから手をつけよう?!
[PR]
by majapyon | 2009-02-27 22:57 | Comments(0)

at cafe 続き

b0102193_011256.jpg


事務所が青山に越してから
ゆっくり外でお昼をたべられません。
なのでCafeでこっそりクロッキーもごぶさた。
歩いていると、
この人、描いたら面白そう…って
人はたくさん見かけます。

そうそう、おとついは
会社に行く途中、
髭男爵を見ましたよ!
朝っぱらから
あの恰好でピンク色の液体はいったワイングラス持ってました037.gif
もう、見ただけでおかしくて笑いがこみあげてきて
一日、トレビア〜ンな気分でした。
お笑い芸人って人を幸せにする素敵な職業ですね。
しかし、結構、朝早い仕事なんだなぁ。
生で見た髭男爵は、背がわりと高くて
あの恰好してなかったら
意外と普通にカッコいい男の人って感じでした。
ルネッサ〜ンスな朝に乾杯069.gif
[PR]
by majapyon | 2009-02-27 00:18 | Comments(0)

ひどーい

我が家には小さいガレージがあります。
家を改築した際に、父から
「おまえの花嫁資金、ガレージにするから」と、言われ
「もっちのろん、ウェルカムですことよ!」っと
作ってもらったガレージ。
このガレージのおかげで
愛車フェスティバちゃん(愛称:アンジェリーナ2号)も
20年の長きにわたり持ちこたえ、
年数のわりに見かけはまだまだ綺麗(贔屓目入ってます)です。

んで、なんと、先日、、、
あ、この先は食事中の方および潔癖性の方には不適切な内容です。

そして、なんと、先日、、、
そのガレージの中に忘れ物が005.gif
いや、あえての置き土産っつーか、
人間の排泄物(大)が!!!

私は直接見てないのですが
目撃者の姉によると
車の後ろにしてあって、
うっかり踏まないようにブロックを手前においてあり、
バケツで水を流した形跡まであったとか。

…流すなよっ、被害拡大じゃねーかっ021.gif

それにブロックって斜め前、10メートルぐらい離れたアパートの壁。

人の家のガレージに入り込み、さらに車の裏に隠れ
お尻をだして野○○し、バケツで水をくんで流したのち、
10メートル先にブロックをひろって
踏まぬようにと置いて帰る………

繊細なんだか、粗野なんだか、わけわからん人!

いまどき、コンビニだってあるし、
すぐ先には雑木林だってあるし、
公園に公衆トイレもあるし。。。
なんでわざわざ人の家のガレージに?
しかも裏にまわって人目を避ける配慮ができるなら
他にやりようが……考えれば考えるほどわけわからん!!

私と姉は怒り心頭で
姉は警察に通報して、「器物損壊よ!」といきまき、
(いや不法侵入だろう、、、遺失物か?)
私は、「人の家にするくらいなら、普通もらすよねっ!(普通か?)」と叫び、
防犯カメラ設置しよっかと相談してたのですが……

父ときたら
「いやぁ、踏まないようにしてくれて良心的だよね」
と、のたまう。

なんですとぉ〜???
父よ、言っておくが、、、
「良心的な人は他人の家のガレージに○○○したりしない」
……もしかして、アンタもどっかで……??013.gif

で、車は、早速、洗車に出して
タイヤもごしごし洗ってもらいました。
幸い、ガレージには、
匂いや汚れが残ってなかったので良かったです。
やれやれ、、汚いお話でしつれいしました037.gif

b0102193_20482628.jpg

アロナ・フランケル作/アリス館 イスラエルの作家さんの絵本です。
下が不安な人はオマル持ち歩こうね。

[PR]
by majapyon | 2009-02-25 20:58 | 日々の泡沫 | Comments(0)

at cafe

b0102193_059334.jpg



…やばい…仕事の進みが遅い……今日、何日だっけ?
[PR]
by majapyon | 2009-02-23 01:01 | 日々の泡沫 | Comments(0)

大失敗?!

らでぃっしゅぼーやで野菜宅配を初めて2ヶ月弱。
野菜が余る〜。
いくら野菜好きとはいえ、
ペア用だし、外で食べる日もあるし、
いたしかたないっちゃない。
旬のもので、なおかつ
基本の野菜が切れないよう選んでくれてるせいか
2〜3週の間で
わりと同じような野菜が届くのもあれなのかな?
『白菜(先々週の)、やっと食べ終わったよぉ〜』と、
思ったら白菜が来る。と、いった感じ。
現在、我が家のシンク下には
無数のタマネギが……タマネギ合唱団ができそうです。
徹子がいっぱい集まって唄ってます。
一般家庭ってそんなにタマネギいつも食べるのか?

っで、このところの気がかりは
大根!え〜っと、たしか先週のその先週のそのまた……
日持ちがいいけど、やっぱりそろそろ。。
何か、いいレシピないかなぁ?
カツヨの本見て、決めました!
『ふろふき大根』
昆布いれたお水でことこと煮るだけ!
カンタンってのがいい。
一気に大量消費できそうなところもいい。

早速、作ってみましたよ。
お鍋に昆布しいて、輪切りの大根のせて、お水をはって。
あとはタイマーかけて40〜50分煮る。
その間に仕事を進められるじゃん。

059.gifリリリリリリリ
おっ、出来たか!?
どれどれ……むぅっ、何か異音がする……

ぎゃぁ〜〜〜

b0102193_11324338.jpg

や、焼けてる。。。。。


最初の水が少なかったらしく
すっかり蒸発して
焼き大根になってました。
異音はじゅうじゅう焼ける音。
鍋もすんごい焦げ付いてるよぉ。
やっちまった。大失敗。

とりあえず、味噌ダレかけて
食べてみました。
味はお出汁がしみてふつうにおいしかったです。
焦げたところと味噌ダレが結構マッチング。
焼きおでんとかあるかもなぁ…っと、思いながら食べました。
ふろふきに替わる新メニューとして売り出そうかしら?
名前は、
地獄大根とかかなぁ?

ま、こんな感じで
無理矢理だけどレシピが増えて
野菜宅配もなかなか良いです。
[PR]
by majapyon | 2009-02-22 11:39 | 日々の泡沫 | Comments(0)

仕事中

急に忙しくなりました。
2日ほど外にでてません…が!この時期、
お仕事いただけるなんて幸せなこと016.gif
心をこめてがんばります。

b0102193_1728067.jpg

何に使われる絵でしょう?ちょっと意外かも。
形になったらまたお知らせしますネ!


明日の朝、
忘れずにTSUTAYAに『24』返しにいかなきゃ〜(見てない057.gif
[PR]
by majapyon | 2009-02-21 17:32 | 日々の泡沫 | Comments(0)

at the livehouse

b0102193_10361565.jpg



数年前まで狂ったように通っていたライブ。
最近、全然、行ってません007.gif
昨年は、清志郎復活武道館のみ。と、いうテイタラク。
魂と体の揺れる生音にひたりたい!

ライブハウスは、前売り無しで
当日、突然、その気になっても
ひとりでぶらっといけるので気楽。
ジャズ系だと前半後半、合間に休憩時間が
入ることが多くて
それが少し手持ち無沙汰でした。
なのでこっそりこんなこと
させてもらっちゃって。描かれた人、肖像権無視でごめんなさい!

人に見せること考えずに
目の前にあるものをただ
追いかけるのは
頭が空になって、息抜きに良いです。
頭をぎゅーっとねじ込んで描くのも好きですが。

今年はまた音に揺られに行きたいな!
[PR]
by majapyon | 2009-02-20 10:46 | 日々の泡沫 | Comments(0)

Happy Valentine

b0102193_1836111.jpg


今日はすっかり初夏の始まり?ってくらい
暖かくて気持ち良い一日でしたね〜♪
風に、花の香りがいっぱい、
うとうと昼寝したい気分でした。

さて、今日はチョコレートを配る日ですね!
休みの日だから
会社で配らなくてすんで良かった〜。

最近、『ガーナってマジうまくね!?』と
しみじみ思うのです。
割って口にポンといれる動作もつくづく愛おしい。
カフェインレスのチコリCoffeeで作ったカフェオレでほっと
自分に自分で愛を贈りました053.gif
[PR]
by majapyon | 2009-02-14 18:41 | 日々の泡沫 | Comments(0)

Happy Valley


b0102193_23355078.jpg


先日、お話した絵本「The Happy Valley」を読み終えたら
とてもとても良いお話だったので
続きを長々と語らせてください。

英文自体はすごく簡単、中1レベル。
だけど、何と言うか、
読んで行くと
どんどん頭がグルグルグルグル〜わけわかんないっ!
で、こういう『わけわかんない』文章が大好き071.gif

例えばこう:

ある谷に蛇が転がってきました。
そこに住む動物たちが集まってきて
アベという背の低い男に「あれ、なぁに?」と何度も質問します。
何度、質問されても アベは、黙っています。なぜかというと
彼は英語がわからないから(!えぇっ…)
でも彼は誰よりも頭が良いので、いつもみんな質問します。
アベは、英語がわからないので皆の話が理解できませんが
とても上手に英語を話すことは出来ます。
そして皆の『No!』は、アベの『Yes!』、
皆の『Yes!』は、アベの『No!』

……なんじゃこりゃ!でしょ037.gif
これは序の口、まだまだ続きます。
b0102193_0535912.jpg


例えばこれ。

アベが言います。
「昇りのエレベーターに乗ってると、
胃の中にちょうちょがフワフワしてるような気がして困るじゃろ。
わしゃ、良い方法を発明したんじゃ。
つまり、エレベーターがビルの中を昇り降りしてると思わずに、
ビルがエレベーターのまわりを昇り降りしてると思えばいいのじゃ。」

ウサギが聞きました。
「ねぇ、エレベーターの中で育てられた子供は不安じゃないかしら?」

アベが答えました。
「そう!新鮮な空気も太陽の光もないし、かくれんぼも出来ない。
そりゃぁ子供は不安になるだろう。」

皆、賛成しました。

アベは続けました。
「それに何でエレベーターに乗る人は皆、正面を向いているか
誰かわかるかい?」

皆、わかりません。

「わしもわからん。だから後ろ向きに乗ってみた。
そうしたら、皆、猫のように不安そうだった。」

「猫は不安そうだよね。」っと、ヤギが言いました。

008.gif……この絵本、何が言いたいの??(笑)いいぞ、いいぞ。019.gif


そして王女様が登場します。
王女様は、王子様のお家を蹴飛ばして壊してしまいました。
その家は飴で出来たトランプで出来ていました。
王女様は、こなごなになったそのお家を全部食べてしまいました。
住むところが無くなったので王子様はエレベーターに引越しました。
王女様は、もう一度、トランプでお家を作ってあげました。
「それで後はウサギの毛皮で屋根を作りたいの」
それを聞いたウサギは聞きました
「なんでウサギの毛皮を?」
「だってトランプが雨に濡れたら困るでしょ!」(…答えになっとらん)
b0102193_054339.jpg

トランプの家とエレベーターに住む王子の絵

他にも:

この谷の皆が持っているのは『曜日時計』、時間ではなく曜日がわかる時計。
「なぜですって?時間は太陽の位置をみればわかるけど、
曜日はわからないでしょ!?」 (たしか〜に)

「彼は東西に歩いていったわ。」
新参者の蛇:「???…あぁ、南だね?」
「古いわね〜。方向は三つあれば充分。北と東と西。上下と左右。
だから南はとっくに捨てちゃったのよ。」 (NEWSじゃなくてNEWってこと!?)

などなど。なるほどなぁ〜と一瞬、感心しつつ、『いや、そうじゃないっしょ!』と
漫才見てるよな気になるお話がどんどん続きます。

出不精の冒険家、律儀な泥棒三人組も登場し
お腹を空かした蛇はウサギを食べちゃおう!と、しますが
脱皮して裏表逆になって自分で自分を食べて消滅!っと
どんどん、大変な展開になっていくけど
最後は、み〜〜〜んなハッピー!
ハッピーエンドです。ハッピーエンド好きな私もハッピー。
消えた蛇も最後にまたベジタリアンになって戻ってきます。
消滅したのにどうやって戻ってきたか…は、ご想像ください!
(気になる方には、こっそりお教え致しますよ。)

b0102193_054163.jpg


滅茶苦茶な言葉遊びのようなストーリーっぽいけれど
しっかりと、ハラハラドキドキの起承転結があり
仲間同士の連帯感あり、
絵本らしい読後感で
素晴らしい作品だと思いました。日本でも出版されないかな?

作者のEric Berne氏は
心理学の世界ではかなり有名な方でした。
精神病治療や児童教育に用いられるTA(交流分析)の提唱者で
「人生ゲーム入門(Games People Play: 人間関係の心理学)」の著者。
ちらとネットで得た翻訳だけだけど
TA、なかなか興味深かったです。
育児や人付き合いで悩んでる人には
ちょっとしたヒントになるかも。
ただし、この絵本には、そんな教育論的な説教臭さは全くありません。


b0102193_0543285.jpg

[PR]
by majapyon | 2009-02-05 23:55 | Comments(0)