<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

工房訪問

寒い!なんてつい口にしてしまう季節になりましたね。で、
いまさらですが、夏の想い出 part2。
8月11日 お盆突入の猛暑の日
シルクスクリーンを教えていただている刷師の
石田了一先生の工房を教室のみんなで訪問しました。
名目は、お手伝いですが……

西国分寺の先生の工房そばにある
おそば屋さんでおいしいおそばをごちそうになり(!先生のおごり!)
さぁ、みんな仕事だよ!

b0102193_1818674.jpg

何をやろうかというと、
シルクで刷る土台のキャンバスつくり。
市販のキャンバスでは目が粗いので、それにさらに下地を塗り
作品に相応しいテクスチャの素材を準備しようというもの。
素人目には、このまま刷っても充分なきめと見えたのですが
やはり刷師の目は鋭いです。

b0102193_1820224.jpg

b0102193_18205097.jpg

巻きのキャンバス生地を寸法にカットした後、こうやって木型に張り
下地を塗る準備です。木型はどのくらいの大きさだったろう?
2m x 3m位かな? 電動ドライバーの使い方がみな上手になってきました。

b0102193_18265255.jpg

やっほー、出来たよーっと歓びのIちゃんと、先生。
この日は下地を塗る前の板張りを7,8枚仕上げました。
工房でワインをかこみつつ、
先生の過去を根掘り葉掘り…作品、奇想なる青春の想い出、
合田誠作品集(なぜかあった)etc,
そしておしゃべり会になりました。ほとんど仕事のたしになってませんネ(^e^);;

で、結局、この後、先生はこの板張りに下地を丁寧に塗り
刷る土台を完成させた後、やっと刷りに入るのでした!
10月も終わり頃、連絡をとったら
「やっとついこないだ刷り終わりました」とのこと。その枚数、
80枚とか!!

80枚分、この作業の後、さらに神経をつかう刷りの作業行程………
うーん、刷り師には絶対なれない私。
絶対、途中であの買ったキャンバス生地のままでいーっかって
なっちゃうだろな。
刷り上がった作品は、来春には公開されるとか。
早くみたいものです。
[PR]
by majapyon | 2007-11-03 18:44 | 日々の泡沫 | Comments(0)