<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雨の給料日

b0102193_1855999.jpg


夏が近づく八十八夜。
そろそろ靴ずれの季節。
サンダル履きの素足は傷だらけマメだらけ。
バンドエイドは、携帯必須。
駅から徒歩20分の家だから?

雨の金曜日、給料日、
どうもいまいち調子が悪い。
なんのかんのいっても有り難いよね、バイトの給料。
なんのかんのいえるから 有り難いのかも 雇われ人。

ちっとも前に進めない一日でした。
いい加減、部屋を決めなくては!

ベランダのミニバラ、ブリブリ、調子良し。
[PR]
by majapyon | 2007-05-25 19:01 | 日々の泡沫 | Comments(0)

さてと…

b0102193_21465217.jpg

今年もサボ子たちは元気!花をつけてます…いまいち、注目してない飼い主。ゴメン。
親はなくとも…!

今日は、ラフのお話作り。いっきょに3つぐらいラフ全部作っちゃおう、
作っちゃえると思ってる根拠のない自分の読みがオソロシイ。
この読みの甘さは、日々にも全て通じるのです。
最近は、路線検索ができるから治ったのですが、
20代の頃は、電車の時間の読みがアマアマで、1時間遅刻などザラ。
よく友達が減らなかったなぁと皆の寛大さを今になって感謝!
そのかわり方向感覚は、初めての土地でも地図無しで
「あ、こっちかも」で たどりつけるほどだった…が、30の呼び声とともに
消滅。なのに、いまも初めていく場所でも地図もたないで行って
たどりつけないこと多々。なんか、いけばわかるって思っちゃうんだよね。
行ったことなくてもサァ。ナンデ!?(←自分への問い。永遠に答えは出ず)
でも、昔も迷っていても気がつかないで
そのまま歩いてただけなのかもしれません。だから遅刻してたのか!?
なんだかつじつまがあったところで。
ちなみに、よみのあまさを実感してるゆえ
しめきりに過敏感です。

ラフは、結局1本だけ筋ができただけ。あ〜あまあま。
[PR]
by majapyon | 2007-05-23 21:59 | 日々の泡沫 | Comments(0)

パスポートを手にいれました

b0102193_2093948.jpg


ずっと気になっていたSaul Steinbergの画集を
手にいれました。今回、買ったのは"PASSPORT"
数年前、たまたま、図書館で「New World」を目にしてから
気になって気になって気になって、
絵本塾の飲み会で土井さんに
「スタインバーグが気になってるんです。」と
言ったら
「ついにスタインバーグに来たかぁ。」としみじみと、
教えていただいたことには、
「和田誠は、高校生の時にスタインバーグの『All in Line』を
全模写したんだよ。」
うへぇ!すげぇ、和田誠!
勉強熱心な人だなぁ…って、しこたま感激したのですけど
あとで雑誌をよんだら、
友人のお父さんが持っていた本で
当時は、コピーなんてないし、洋書が気軽に手に入る時代でもないし
どうにかして手元にその絵を残したいと思っただけだそうです。
(だけってのがスゴイ。)
対して私は、なんとか図書館から
永遠に拝借する手だて(=ガメルとも言う)ばかり
考えていました。差が歴然ですネ。
今は、洋書もわりと簡単に手に入るし、コピーも安いし
その分、吸収力が落ちているかもしれません。

スタインバーグの画集は、いくつか出ていて
今回は、たまたま日本の古書店で手頃な価格で
出ていたのでこれにしました。噂の"All in Line"も
もちろんいつかは見たいし、
その次に発行された"Art of Living"は、
先日、ちひろ美術館で行われた「長新太展」で
長さんの仕事机の上に置かれていましたね。
表紙絵がすごく素敵でした、これもいつかは。
この"PASSPORT"は、宇野亜喜良さんがバイブルといい、
植草甚一さんが
「1時間以上眺めていても飽きることがない、
ローブロウ、ハイブロウ、あらゆる眉の高さの人が楽しめる」と
いっており、高まる期待。
さてちょこっとめくってみるか
……

う、は、あ!

楽し過ぎます。うきうきです。ゾロゾロです。
しばらくは、この本を舐めるように見ることにします。


b0102193_2041253.jpg

b0102193_20411570.jpg

b0102193_20412996.jpg

b0102193_20414138.jpg



Lord of the Line(線の王)と異名をとったスタインバーグは、
自分の見た世界を数本の線で彼の世界に閉じ込めてしまう。
そのウィットには、キャプションは必要ない。
漫画家として名を売る方法は、一目で彼が書いたとわかるスタイルを工夫し
それにしがみつきながら同じスタイルを発展させていくのが一番いいし、
常識となってきた。だが彼はこのルールを無視し、ピカソと同じ道を選んできたのだ
(植草甚一スクラップブック ぼくの大好きな外国の漫画家たちより抜粋)
[PR]
by majapyon | 2007-05-20 20:48 | 日々の泡沫 | Comments(0)

アサーに近いヨールー

b0102193_19345110.jpg


急な雨をしのぐため、駅ビルの本屋で
「長新太 こどものくにのあなきすと」を買って喫茶店に。
極力、この駅ビルの大型書店では買い物をしないことにしているのです。
それは、この本屋ができたおかげで前からある本屋がいくつも潰れたので。
でも雨が強いときとか、やっぱり便利だなぁ。クヤシイケレド。

で、この本、すごく楽しみにして 開くのが嬉しくて、
コーヒーが届くのも待ちきれずページをパラリ
………なんか、中味、薄いなぁ……
この記事もこの話も読んだことあるし、
なんで、この人が?なお話が長いよぉー。
売るためにはしゃーないのかな。初めて読む漫画と
久里洋二、小島功の話が面白かった。
で、この本にでてきた名前が猛烈に気になって
雨上がりの夜空の下を
あの古本屋へGO!
こういう時の勘はするどい、野生の証明。
あった、ありました、ありました。
その人の名は、
「谷岡ヤスジ」
しかも、「ヤスジのメッタメタ ガキ道講座」があるじゃん、
定価割れで。1900円が1000円。なにぉー、買っちゃる。

で、この本がホントに素敵な本でヤスジ愛な各方面の方々集結。
奇想の系譜を書いた
辻惟雄が鳥獣戯画や若冲をひきあいにそのアート性を語り
横尾忠則、みなみしんぼう、タモリ、奥田民夫
それから蒼々たる漫画家のトリビュート。愛されてるなぁ。
この本の面白いところは、もう一つあって
あの時代の 「少年マガジン」のすごさが説明されているところ。
特にヴィジュアル雑誌への影響力はすごかったらしい。
新谷雅弘は、マガジン編集者の大伴昌司に衝撃と勇気をもらい
「popye」を創るときにそのスピリットを踏襲しようとがんばったのだとか。
日本のエディトリアルデザイン、特に雑誌の発想の元は
マガジンの「大図解」にいきつくといいきっている。
ちょうどラッキーなことに、私が兄貴のマガジンを盗み読んでたあの時代
すごいことになってたんだなぁー。

で、肝心の谷岡ヤスジ漫画ですが
てってーてきにくだらなくて メッタメタで最高です。
鼻血ブーだし、オラオラすぐボッコボコだし
こういうのをゲラゲラ笑いとばせる世の中って
健康だったよーな気もする。
今じゃ、リアルで笑えないかも?!

ちょっとぐらいパッとしない気分でも
いいんだもんに、コレデ 。
で、いいんじゃない!?
ね、思い詰めてるそこのキミ!ヤスジ読め。オラオラオラ

アーサー
が来るゾ。
[PR]
by majapyon | 2007-05-16 20:39 | 日々の泡沫 | Comments(0)

グルリ歓目ツアー

GW後半、ぐるりとギャラリー5つほど廻ってまいりました。
以下、ぎりぎりのものも混じってますがどうぞどうぞ。

☆上野りつこさんのHappy スケッチ展

神楽坂のキートス茶房にて 15日まで
http://www.geocities.jp/jazzyritsuko/index.html
あたたかい線画と色彩の素敵な風景画
溢れる心地よさは人柄そのまま  
勤めつつ毎週末スケッチしに街へ海外へ
すごいなぁ〜〜〜下書き無しでなんでこんなに描けるの!?
素敵なスケッチとおいしいCafe&Cakes+旧友集いおしゃべりで3時間



☆エリオット・アーウィット写真展 
6日まで 11-20時 入場無料
シャネル銀座ビル4階シャネル・ネクサス・ホール
http://www.chanel-ginza.com/
なにを撮っても人の愛らしさが映し出されてる。
写真とついでにシャネルも堪能…靴が可愛い。
途中、顧客なのか、ソファでTea&Sweetsを振る舞われつつ
試着するお客さん数人。服いらないからケーキ喰わせろー。

☆堀内誠一絵本原画展 ぐるんぱも—ananも
銀座教文館 9階 16日まで
http://www.kyobunkwan.co.jp/Narunia/event03.htm
ぐるんぱ、カワイー。星がコーヒー飲んでるカワイー。
黒いロバとサンタ、カワイー。フライパンじいさん、オモシローイ。
絵がうまーい。字が小さくてうまーい。スケッチもうまーい。
デザイン、かっこいー。
てんさーい。

☆日本美術が笑う
六本木ヒルズ 森美術館 6日まで 夜10時までやってるのはイイ
http://www.mori.art.museum/jp/index.html
日本人の笑いレベル高し!
南天棒というあらたなmyヒーロー発見 てっきり、しりあがり寿の絵かと。
氏の言葉「生悟りの半端者」を復唱しながらAさんと帰宅
↓興味あるひとはコチラ
http://www.asahi-net.or.jp/~dj7n-nkn/s-nanten.html

☆「ぺったんぺったん白鳥がくる」動物の短歌(岩崎書店)原画展
画 青山明弘さん 編 穂村弘さん
青山ペーターズGalleryにて 9日まで
http://www.paters.co.jp/sche/sche.htm
オモロイ短歌とカワイイ原画。のびのーびした絵に草原気分
タコはタコツボハウス、いかはスルメハウスに住む。
短歌って季語いらないの?やってみると面白いかも。=また安易な発想ご免

そうそう、あとこれも行きますよ!これからですよ!
☆『ロードムービーと風』祖田雅広さん個展
池袋マルプギャラリーにて 7日から31日まで
http://www.geocities.jp/sosanote/soda-lab/news/news.html
[PR]
by majapyon | 2007-05-05 20:10 | Comments(0)

オヒサマとアタクシ

b0102193_1828533.jpg


GW前半、部屋探しでウロウロ。
痛いほどの直射日光。二日目夜、ついに日射病でダウン。
翌日、 肌という肌から水分が抜け出ている。
身も心もガサガサ。ソバカスがワサワサ。
クロワッサンのアンチエイジング特集、迷わず手にとってしまう黄金週間。
[PR]
by majapyon | 2007-05-02 18:30 | Comments(0)