「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:絵本( 8 )

私の好きな絵本【ロナルド・サール/Les Très Riches Heures de Mrs Mole】

b0102193_23084934.jpg
ロナルド・サール著/ Les Très Riches Heures de Mrs Mole
HarperCollins Publishers 2011年刊

風刺漫画で知られるロナルド・サールが
乳がんになった奥様へ描き贈った
プライベートなイラストレーションを一冊にまとめた本。
SNSで存在を知り、すぐさまamazonでポチリました。

1969年のクリスマスイブ、サールの奥様は
乳がんで余命半年の宣告を受けました。
それから5年間、手術や放射線、抗がん剤治療を続ける奥様に
サールは、「何か自分に出来ること…絵を描くことしか出来ない。」と、
抗がん剤治療のたび、一枚ずつ絵を贈ったそうです。
治療を受けてベッドで安静にして動けない奥様の手には
生き生きと生活を楽しむMrs.Mole、それは奥様の分身。
どのイラストも、とっても生き生き愛らしいMrs.Moleが描かれています♡
b0102193_23100930.jpg
b0102193_23093840.jpg
b0102193_23115413.jpg
b0102193_23105279.jpg
b0102193_23120562.jpg

おっ、サービスショット?


b0102193_23114053.jpg

そしてそして5年後…
b0102193_23121600.jpg
奥様はガンを克服します!
The Beautiful Dream - come true kiss kiss kissemoticon-0109-kiss.gifemoticon-0109-kiss.gifemoticon-0109-kiss.gif
表紙に使われたこの絵、日付と言葉で意味がわかりました。
なんて素敵な絵でしょうね!

このイラストレーション47枚(+表紙と裏表紙)は
絵本としてまとめられ、
2011年にサールが亡くなる三か月前に出版されました。
※奥様は2011年7月に85歳で他界、サールは同じ年の12月に。

サールは、戦時中に日本軍の捕虜となり相当に悲惨な経験をし、
代表作の一つ「聖トリニアンズ女学院」には
当時の想い(日本兵の残虐な行為)が込められているという説もあります。
その他の仕事もかなり鋭い風刺ユーモアでならした作家ですが、
奥様への愛情溢れるこの絵本を見ると
温かい人間性が感じられます。

あ、あと猫への愛情も!
b0102193_00075867.jpg




どうでもいいんですけど、ひとつ気になることが…
b0102193_00112330.jpg
Mrs.Mole、普段はトップレスなのに水着はブラ着用?
ほんとにどうでもいーですねemoticon-0136-giggle.gif



遠い異国のUKから送られてきた絵本…
このペラペラのビニール封筒に直接INされて送られてきました。
緩衝剤やラッピング無し。
日本じゃ考えられないですね。
でも、この雑さ、嫌いじゃありません。
価格も安かったしネemoticon-0102-bigsmile.gif
b0102193_00164877.jpg

ご興味が有る方はここにもっとたくさん紹介されていますのでドウゾ♪







Presented by PYON/maja-k
ここにある画像の無断転載は固くお断りします。















[PR]
by majapyon | 2016-09-30 00:33 | 絵本 | Comments(0)

わたしの好きな絵本

b0102193_1817189.jpg

Vauhtipyora
Meidan lasten runot

Illustrated by Matti Pikkujamsa

Published by Otava in Helsinki, Finland

邦題は「速い車」というのだそう。
詳しくは
コチラ


動くものをテーマにおとぎ話や民謡、詩など100選集められたとか。
例によってフィンランド語なので残念ながら中身はさっぱり
ですが、テキストが読めなくても充分楽しめる↓
ドライブ感たっぷりの楽しい絵本。
このイラストレーターさん大好きemoticon-0115-inlove.gif

b0102193_18173462.jpg

b0102193_18174675.jpg

[PR]
by majapyon | 2012-12-10 18:25 | 絵本 | Comments(0)

私の好きな絵本5

b0102193_1585262.jpg

Peepo, pieni kirahvi

Written and illustrated by
Ilona Sampovaara Maldonado
Publishde by Tammi Helsinki 2003

青山学院のそばにある
大好きなクラフトスペース「わ」
一目惚れして手にいれた絵本。
フィンランド語?多分。
まったく読めませんが絵をみて想像するに
ちびすけのきりんくん、Peepo(ピーポと読むのかしら?)が
みんなとうまく遊べなくて悲しくってでもママに励まされて
もう一度学校行ったら、みんなが仲良くしてくれて良かった!
っていうお話だと思います。
単純だけど、絵本ってこの単純さがいいんだと思います。
シンプルな中にある大切なもの。


ブログに載せるために検索したら
なんと!
ご本人による紹介ページが!!
うわぉ、ネット社会の良さを実感(悪いところもあるとして)。
他にも絵が紹介されてるので
よかったらご覧くださいね。
すべて油彩で描いてらっしゃるんだナ〜♪(すてき!)

b0102193_15412738.jpg

全ページに溢れる絵のおおらさかさ、
眺めるだけで沸き立つなんともいえぬ楽しい気持ち。
楽しいってのが一番好きです。
そうえば、昔、他人から
「あんたって楽しけりゃいいんでしょ!?(怒)」と言われ
「え、え、そんなことないよ〜(内心・・・でも楽しいのが一番大切では?)ビクビク」
なんてことがあったなぁ(遠い眼)。

自分自身がそんなに楽しい人間ではないから
余計に楽しさに憧れ、大切だと思うのでしょうね。
泣ける映画やお話って人気があるけれど、
みんな根が明るいからなんだろうなぁって思います。
私は泣くとわかってるものは見ません
(正しくは見られません、あと怖いのも絶対NG)。
悲しかったり、暗かったり、真面目すぎるのは・・・ちょっと苦手。
多分、自分がペシミスティックで暗い人間だからです。

そんなわけで私の書棚には
楽しいお話や幸せなお話だけが並んでいます
(あとなんだかわからないものも=ビバ・ナンセンス)。

b0102193_15403458.jpg

それはさておき、このスクールバスは画期的だと思うemoticon-0136-giggle.gif
[PR]
by majapyon | 2012-10-20 15:44 | 絵本 | Comments(0)

私の好きな絵本〈番外編〉The Ballad of John & Yoko

b0102193_15393046.jpg


Skywriting by Word of Mouth
and other writings,
including The Ballad of John and Yoko

Written by John Lennon
Cover Illustration by John Lennon
Colored and Designed by Yoko Ono

published by PAN BOOKS in G.B. 1986
also by Harper & Row Inc. in U.S. 1986


先週、アップしたジョンの絵本の他に、
ジョンの作品集も手にいれました。
小作品に添えられたエスプリたっぷりのジョンのイラスト。
その中の短編:歌の題名でおなじみの
The Ballad of John and Yokoは
女性だったらもうもうemoticon-0152-heart.gif嬉しすぎるでしょうな
ジョンからヨーコへの愛のメッセージ。
だって
始まりがこうですよ

''ぼくがずっと夢見ていた女性、
美しく、知的で、黒髪と高い頬骨、
そして自由な芸術家魂をもつ女性
〈中略〉それからそう、それに東洋の黒い瞳!
 しばらくは見つけられなかった、けれど
 ついにぼくの夢がかなった''

は〜そうですか(笑)
つきあってる相手から
こんなこと言われたらたまらんですよね。
自分の妻である女性に公然とこんなこと
言えちゃうというのは、やはり
ジョンって欧米人なのかもとも思ったりして。

で、私はこの短編につけられたこの絵が大〜好き

b0102193_1559725.jpg

ほんわか〜emoticon-0115-inlove.gif
ほんとに幸せだったのね、ジョン。


ところで今週はお腹を悪くして点滴を打ったりして
結構大変でした。
熱や痛みには強い方だと思うけれど
お腹はだめです。
やはり「おなか(中心)」というくらいなんだなぁ〜と
思いました。
みなさんもどうぞお大事にemoticon-0155-flower.gif
[PR]
by majapyon | 2012-10-19 16:02 | 絵本 | Comments(0)

私の好きな絵本4

b0102193_11281574.jpg

The Smallest Elephant in the World
Written by Alvin Tresselt
Illustrated by Milton Glaser
Published by Alfred A.Knopf N.Y. in 1959

b0102193_11285190.jpg


グラフィックデザイナーとして有名なミルトン・グレイザーの
秀逸なイラストレーションによる絵本。
小さい小さい象(猫くらい?)が出会いによって
自分の居場所を見つけるお話。
絵の中に相棒がいます、さ〜誰でしょう?

ミルトン・グレイザーはボブ・ディランのLPジャケットや
INYのロゴデザインで知られています。
ソリッドなデザインからこんな可愛いイラストまで
幅広い才能に感服します。
[PR]
by majapyon | 2012-10-12 11:29 | 絵本 | Comments(0)

Happy Birthday John! & チャボ!

昨日(10月9日)アップすべき絵本を間違えていましたね。
b0102193_15332326.jpg


原題:IN HIS OWN WRITE
original copyright 1964,
Japanese copyright 1975.

日本語訳:片岡義男・加藤直
私の手にあるのは1987年第16刷(!)
没後に出されたものでジョンの系譜に没年が書いてあります(涙)

全編、ジョンのイラストレーションとナンセンスライム。
英語で読めたら面白みが増していたことでしょう。

そして9日は仲井戸麗市チャボのお誕生日でもあります。

Happy Birthday John & チャボ!!(一日遅れだけど〜emoticon-0123-party.gif

b0102193_15352286.jpg

[PR]
by majapyon | 2012-10-10 15:35 | 絵本 | Comments(0)

私の好きな絵本2

b0102193_22521495.jpg



LET'S FIND OUT ABOUT
SAFETY

Martha & Charles Shapp
Pictured by Carolyn Bentley

Published in 1975
by Franklin Watts, Inc. N.Y.
Printed in Italy

子供達の日常生活、
ボール遊びや自転車遊び、
田舎の道を歩くとき、道具を使うとき、
日焼けのし過ぎ、猫を持ち上げるとき
・・・いろいろなシーンでの注意を呼びかける
多分、道徳絵本のようなもの?

点描と線画で表現された美しいイラストレーション。
なんといっても子供達がお・しゃ・れ♪

そして驚くべきことは、
姉の住む町にあるサティの古本市で
なんと150円で売られていた。
手にした時の嬉しさったらもう。

b0102193_22523895.jpg


b0102193_22525214.jpg

[PR]
by majapyon | 2012-10-09 22:53 | 絵本 | Comments(0)

私の好きな絵本

b0102193_1529374.jpg

GOOD NIGHT LITTLE A・B・C
text: Robert Kraus/ illustration: N.M.Bodecker
published 1974, reissued 1989
by
Jonathan Cape Thirty-Two Bedford Square LONDON


全ページ、''Good Night Little...''とA~Zまでの
動物たちへのおやすみの言葉が綴られた詩集。
動物たちがみな小さい人形を持っているのがとても可愛い。
みな素敵なベッドで温かい表情で眠りにつく。
静かで優しい絵本。

20代の頃、勤めていた会社と同じビルに
入っていた洋書も扱う本屋さんのバーゲンで
迷わず買った懐かしい本。
あれからずっと私を温めてくれています。

[PR]
by majapyon | 2012-10-08 15:30 | 絵本 | Comments(0)