「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:silkscreen( 28 )

スズランのカード作りました

b0102193_16570204.jpg
スズランが好きな姉のお誕生日用に
シルクスクリーンでカードを刷りました。
b0102193_16573858.jpg
姉の誕生日は6月です。…またしても周回遅れの妹を許せ、姉。
来年贈るね!





Presented by PYON/maja-k



[PR]
by majapyon | 2016-12-26 17:00 | silkscreen | Comments(0)

ひさしぶりの日光製版

久々にお家で日光製版しました。
10日前に、1年半ぶりくらいに製版しよ〜っと
乳剤も塗って乾かして、さぁ!
・・・っと、思ったら
まさかのスプレーのりが目詰まりemoticon-0106-crying.gif
仕方なく、黒ビニール袋に入れ、さらに黒いパネルバッグに入れて
押し入れに。

乳剤も古いし、新聞紙でくるみもせず、
時々開け閉めする押し入れに放置状態
(しかも朝日が結構よく当たる)でしたので
もう感光しちゃってるかもな〜と、
急ごしらえの原稿で試しに焼いてみました。
b0102193_1710535.jpg

おぉ!ちゃんと抜けてます。
この程度の遮光で10日放置OKなんだ〜emoticon-0100-smile.gif
これなら夜に乳剤塗って準備しておいて、
晴れて時間のある時に焼けます。
自宅シルクが気軽にできるかな。
b0102193_17115268.jpg


【本日のデータ】
時間 :14時前後
お天気:快晴 日差し:西南方向
気温:25度くらい?   湿度:爽やか(30%程度?)
感光タイム: 70秒強
原稿種類:オペークマスクフィルム(一部オペークペン両面塗り)

西日になりかけてたので
オペークフィルムは、多少焼き過ぎても大丈夫だからと
少し長めに焼いてみました。
角度は出来るだけ垂直に当たるようにしたけれど
70度くらいだったかも?

※良く見ると、抜けたはずのハート上部に前の版のトンボが残ったまま・・・
わざわざ、どーしてここに原稿置いちゃうかな、自分?
酢酸エチルを染ませた綿棒で格闘すること30分。なんとか削り取りましたemoticon-0141-whew.gif































Presented by PYON/maja-k Studio-fafa
[PR]
by majapyon | 2016-06-02 17:14 | silkscreen | Comments(0)

Just Smile

b0102193_12103345.jpg

一昨年末に世田谷美術館で開催された
シルクスクリーン教室のグループ展用に刷った作品です。
チャップリンの名曲をBGMに
悲しかったり、泣きたかったり、いろいろ全部まるめて
とにかく笑っちゃいましょうよ!
と、いうメッセージを込めて作りましたが、
画面に悲しい言葉をいっぱい描きすぎたせいか
実際、去年はトホホなことがいっぱいあったなぁ(笑)
次は楽しい言葉ばっかり描いちゃおうかしら!?
とにもかくにも、どんな時にも
スマイルを忘れずにいたいものです(言葉で言うのはカンタンなのだが〜)。
Just Smile!
[PR]
by majapyon | 2015-09-24 12:18 | silkscreen | Comments(0)

日光製版日記20141223

年末に日光で焼いた版の記録です:
b0102193_13514334.jpg


製版日時:2014年12月23日 15時前後
天気: 晴れ ただし完全に西日
気温: 寒かった(たぶん10度以下)
原稿: オペークインク、インクジェットプリンター(染料)on OHPフィルム
乳剤: AF101 栗田化学研究所 油性インク用 当日調合
露光時間: 2分+15秒
最初の15秒、庭に出て日陰の状態で焼き始め、
ふと道路に出て西日に当ててみるかと思いつき、
一旦、黒ビニルに入れて移動(30秒くらい)
西日に垂直にあたるよう2分露光。
どうなるかと思ったけれど
キレイに焼けました。
b0102193_13515911.jpg

乳剤調合の際、ジアゾ粉末を湯で溶かしてから入れるのを忘れ
直接バインダーに投入してしまい、慌てて集めて溶き直してから再投入したせいか
ところどころダマが残ってますが
特に問題なし。

b0102193_13535632.jpg

原稿は、色面は、いつものオペークインクで。
宛名面は、OHPフィルムにインクジェットプリンター(染料)。
b0102193_13545262.jpg

若干、OHPフィルムの糊(?)の部分か
網かけっぽく焼けましたが
こちらも刷れば大丈夫でした。
OHPフィルムは、コピー原稿のような心配もなく便利ですね。

刷り上がりは、こんなです:
b0102193_13571262.jpg

(実際は、色に迷ってもっとぼんやりした印象になってしまいましたemoticon-0141-whew.gif

エプロン姿で他人の玄関先の道路で
なにやらアルミ製のでかい枠もって
焼いていたので
不審人物と思われたかも。以後、気をつけようっとemoticon-0105-wink.gif
[PR]
by majapyon | 2015-02-06 13:58 | silkscreen | Comments(0)

どんぐり封筒

b0102193_22125583.jpg

どんぐり模様の封筒が、やっと刷り上がりました。
b0102193_22132668.jpg

・・・AUTUMNか・・・もう冬だよね。
・・・いやいや、来年のですよ、先取りですよ(いつもコレだヨ〜emoticon-0141-whew.gif)。
Studio fa-faのロゴ入らないバージョンも作ったら、
みんなに使ってもらえるかな?来年秋までにガンバリま〜すemoticon-0170-ninja.gif

いつか、こんなモノを並べるお店できたらいいなぁ。
一日に3枚くらいしか売れなくて、
日向でお茶飲んでるだけの・・・店じゃないな、それ。
宝くじでも当たったらやってみますかね〜emoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
by majapyon | 2014-12-16 22:19 | silkscreen | Comments(0)

請求書封筒作りました

b0102193_1205169.jpg

請求書用の封筒を作りました。
上が水性インク(アクアセル)の群青、混色なし。
下は、少し色を落ち着かせる意味で、赤を入れてみました。
群青のままでも良かったかな?
この群青インクは、写真で見るより明るい
コバルトブルーのような色味です。

例によって教室に遅刻して、しかも
行ってから1時間30分くらい、おしゃべりしたりして
終わる30分前に慌てて(反省)
一色で、パパッと7〜8枚刷りました。

この封筒が、あっと言う間に
無くなるくらい、お仕事がんばらなくちゃな〜。
b0102193_125563.jpg

[PR]
by majapyon | 2014-11-01 11:59 | silkscreen | Comments(0)

パンジーのハガキ完成

パンジーの葉書が刷り上がりましたよ〜。
b0102193_10373237.jpg


いっぱい咲きました。
b0102193_1037536.jpg


季節はすでに秋・・・、
お彼岸の法事用にいいかしら!?(むりやり)

用紙は先生からお年賀にいただいた
アルシュ、いい紙です。紙の質感だけで味わいがあります。
インクは水性。背景の緑には、金を混ぜています。
ちょっと砂壁っぽくなったのは、そのせいかも?
左上は、イエロー、薄いパープル(白混)、シルバー、最後に薄い青黄(白無)、重ねてます。
今回は、なんとなく点描がやりたくなって(ゆるゆる点描ですが)。
点描をめつめつと描いて
ひたすら重ねる作業は面白かったデス。
刷り終わり、今度は、反動か?超シンプル・くだらない系を作っています。
いつ刷り上がるかなぁ?
[PR]
by majapyon | 2014-09-15 10:52 | silkscreen | Comments(0)

おいしいおやつと巨匠の技

週末、いつも教わっている刷師の石田了一先生の工房にお邪魔してきました。
メインのおみやげは同僚のOさんが用意してくださった
クラブハリエのバームクーヘンemoticon-0110-tongueout.gif
美味であり、パッケージの素敵だったこと。
カルトナージュっぽい感じの箱の模様は季節で変わるのだとか。
おしゃれですね〜。
シルクスクリーンでこういうの刷って箱に貼れば・・・
・・・と、結局やらないんだよね(ダメじゃん)。
ちょっと、おつまみ程度持参するかと
ヒカエリに25日まで出展中のAKOMEYAさんで買ったクラッカー、
美味しかったですよ!
b0102193_16354060.jpg

甘いの、甘くないの、4種類のお味があって
迷い迷って、選んだシナモン味。

b0102193_16422887.jpg

袋から出すと、一個が結構大きいのです(鉛筆と比較してみてくださいませ)。
見かけのインパクトによらず、優しい味で、サクサク軽い歯ごたえでした。

おやつをたらふくいただいた後、
巨匠(先生のこと)の過去のお仕事を見せていただきました。
特に今回は刷りの過程において、
何色を何版重ねているかわかるように
先生が残されている資料を見ることが出来、あらたな感激がありました。
こってりとした油絵のように深い色合いの作品も、
いきなり深い色を作って刷るのではなく、
何版(何十版)も淡い色を重ねて深みを出している。
各々の色は、濁りのないとても美しい色でした。
先生、色作るのうまいなぁ〜っと、溜め息です(下手だと濁りがち)。

また、別の作品は、モノクロの鉛筆で描いたようなドローイング。
こちらは、墨一色に見えますが、何版、何十版と重ねて
質感、微妙な濃淡を表現してありました。

作家の人がこういったものを作りたいと、
時にはただ1つか2つの単語によるイメージだけの場合でも
それをどうシルクスクリーンという媒体を使って
具現化するかを提案しながら刷るのが刷師。
それが仕事と言えば、簡単ですが
そこにいたるまでをどう頭の中で構築しているのか、
考えるだけでクラクラ、
やはり巨匠は巨匠なのだと実感したのでした。
[PR]
by majapyon | 2014-08-12 16:57 | silkscreen | Comments(0)

パンジーのハガキ作り

b0102193_2352484.jpg

パンジーのハガキを作ろうとしています。
今回は、点描にチャレンジ!




b0102193_2355210.jpg

隣で刷ってるMちゃんから
「魯山人って感じ!」と言われた一版目。
たしかに和風〜
モスグリーンに金粉を混ぜたせいで
砂壁風になってる!?




b0102193_236989.jpg

これから点描含め、7色重ねるんだわ〜っと思うとクラッemoticon-0141-whew.gif
背景色はもう少し薄い方がいいかなぁ?
点描の色は、まだ頭の中のおぼろげなイメージが
外に取り出せてないので
カラーチップとご相談しなくては!
こうやっていろいろ考えてるときがいちばん楽しかったりして♪
刷り上がり、うまく行きますようにemoticon-0131-angel.gif
[PR]
by majapyon | 2014-05-23 23:05 | silkscreen | Comments(0)

フリージアの封筒

b0102193_20241121.jpg

出来上がったフリージア模様の封筒
20〜30枚刷って、ちゃんと刷れてるのが
わずかに3〜4枚
これじゃ売り物に出来ないなぁ〜、
あ、限定1枚の封筒とか?emoticon-0136-giggle.gif

b0102193_20262454.jpg

途中から色が弱い?と思って
少し赤を入れて刷ったけれど
最初の軽い黄色の方が良かったかな?
インクは乾くと色が沈む、特に水性
それがかえって良いときもあるから
面白いんだけれど。

b0102193_2029110.jpg

気がつけばすっかり春は遠き(笑)
今、刷ってるのはパンジーだというのに・・・
出来上がるのは秋になるかも?
先にスイカとか刷っちゃおうかしらemoticon-0122-itwasntme.gif
いや、待て、秋ものを刷るべき???

こうやって少しずつ作っていけば、
いつか季節ごとの封筒が揃うかな
急ぐことはない、
ゆっくりこつこつ
刷りますかネ♪
[PR]
by majapyon | 2014-05-16 20:33 | silkscreen | Comments(0)