修正液を手にいれた!

b0102193_212517.jpg

先日、ガリ版ネットワークの器材頒布会に参加してきました。
器材頒布というのは、てっとりばやくいうと
個々の会員の欲しい器材を在庫から探して送ってあげる発送作業。
ネットワークっていうから、どんだけ巨大な組織かと思いきや
主宰者の志村章子さん、
一個人の善意によるボランティアで支えられているのでした。
ご自宅の半分を埋める器材の山々、
日々届く寄贈品(使われなくなった古い謄写版や原紙)、
頻繁な問い合わせの対応。
ライターというお忙しい本業のかたわら、それらを
10年も続けてくださったのだと思うと
頭が下がるばかり。
確実にガリ版文化の寿命は、この方のおかげで伸びました。
年々、問い合わせしてくる人の質が変わったとのこと。
目的第一主義っつーか、器材会社と勘違いしてるのか、
心がささくれることも増えたり、ほかにもいろいろ事情があって
ネットワークも活動停止となるようです。

それは、さておき、頒布お手伝いをした役得で

念願の、念願の、念願の
修正液
手に入ったゾ〜〜〜!!
ガリ版新聞作りたい私としちゃ、文字を消して上書きできる
この茶色の液体があるとないじゃ大違い!でも
ネットオークションなんかで1万円で売ってるくらいで
市場ではほとんど消滅。
RPGでいうところの 秘密の武器やらお宝を手に入れた!てな感じかしら。
(もし売っているところを見かけたら教えてくださいね!)
いや〜嬉しいです。
ほんとは、月1ぐらいで新聞作りたいんだけど
実際は、3年で2枚(-_-);;;
これからガリバンゾ!じゃなくてガンバルゾ!(冷〜)


↓これは、美術ヤスリというものです。原紙をのっけてヘラ型の鉄筆で
こするとイラストや罫線が写せるという便利もの。
面白そうでしょ?
あなたも
やりたくなったのでは??(←ガリ版セールスマンなアタクシ)

b0102193_21373385.jpg

[PR]
by majapyon | 2007-04-06 21:42 | 日々の泡沫 | Comments(0)
<< ガリ版の続き 春です >>